中途採用について

沼尻産業にまだないものを。まだいない人を。

人々の暮らしを支えるために、当社は壁を切り拓いてきました。
それは壁をチャンスと捉え、扉に変え、開くものと信じ続けてきたからです。
そんな私たちにないもの、それはアナタの個性と可能性です。
ともにトライしませんか? 世の中に「ない」ものを「ある」に変えることを。

中途採用スタッフインタビュー1

つくば物流部

池内 俊春(2012年入社)

池内 俊春(2012年入社)
  • 人とのつながりを大切に。

    私は食品卸の汎用センターで働いており、主に商品の入荷、検品、格納、ピッキング、配送作業業務に従事しております。 コミュニケーションがとりやすく、働きやすい職場です。
    現在、私はセンター長の補佐役として業務に従事しております。1年以内にセンター長業務を習得し、センター長を目指しております。
    私が思うに、働きがいのある職場とは仲間の為に頑張ろうと思える職場だと思います。
    仲間だと思える為にはまずコミュニケーションが大切だと思っていますので、しっかりとした挨拶に始まり挨拶で終わることを心がけております。

  • まだ食品関係しか携わっていませんので、物流業務を幅広く知りたいと思っておりますので、まずは食品以外の倉庫業務に携わりたいと思っております。 人とのつながりを大切に思えるようになりました。
    採用活動は、入社するまでわからないことですが、会社は外観で選ぶより中身で選ぶことが大切です。
    皆さんが何を基準に会社を選ばれているか分かりませんが、私の中では沼尻産業は人間性を尊重し、個人を大切にし、伸ばしてくれる会社だと感じております。

 

1

2

 

中途採用スタッフインタビュー2

首都圏物流サービス部

松尾 奈緒子(2014年入社)

松尾 奈緒子(2014年入社)
  • 不安を期待へと変えてくれる職場です。

    私は首都圏物流センターで勤務しています。食料品を取り扱っており、担当業務は在庫品・入出庫品のデータ管理を行っています。
    このセンターは20代~60代と幅広い年齢層の方が活躍しています。男性と女性の比率が7:3となっており、主に男性が活躍しています。
    働きやすい環境があり、向上心を持って努力をすれば報われる職場です。常に向上心を持ち続ける事と、働きやすい環境作りの一環として、まずは全員と挨拶をしてコミュニケーションを取る様に心掛けています。 私は、出荷ミスが起きない現場作りを積極的に取り組んでおります。

  • 個人的にはパソコンのスキル習得の為日々勉強しています。
    センター開設と同時に入社してまだ1年半なので、仕事に対する夢はまだ描けないですが、新しい事にもどんどん積極的にチャレンジしていきたいと考えています。
    入社当初は、どうすれば技術が上達するか等、自己中心的でしたが、現在は会社の為に自分が出来る事とは何かを追及する様になりました。
    職場環境や、業務効率を上げるために改善提案活動を行っています。改善提案書を提出すると社長より直筆でコメントを頂けるので、仕事の励みになります。

  • 会社で働くという事は期待より不安の方が多いと思います。まず自分が何をやりたいのか、それが一番だと大切だと思います。やりたくない仕事では続きません。自分に合った仕事を見つけて、長く勤められる様に頑張ってください。
    沼尻産業は従業員を大切にしてくれる会社です。不安を期待へと変えてくれるのが沼尻産業です。一緒に成長していきましょう。

 

1

2

3

 

中途採用スタッフインタビュー3

運輸部

大竹 正久(2015年入社)

大竹 正久(2015年入社)
  • 仲間に恵まれた仕事ができています。

    私は配送の仕事をしています。
    中途採用で入社しましたが、まだ新しい自社配送センターで仕事ができ、幸い同僚、先輩方に恵まれ良好です。
    沼尻産業の良い所は、誰もが誰にでも意見や考えが言える自由な空気があり、同じ目標を共有し、皆でそれに向かって行ける職場だと思います。
    入社して間もないので、まだまだ先輩方の仕事技術レベルには到達していないので、1日でも早くそのレベルに達し、戦力になりたいです。
    協力会社の方々も含めて、仲間に恵まれた仕事が出来ており、積極的にコミュニケーションを取る事で職場にも慣れてきました。

  • 配送の仕事はチームで仕事をするので、今はひたすら自分の仕事のスキルを上げようとしています。チームは個人の集団で、強い個人の集まり=強いチームだと思っています。
    入社当時、先輩方に手ほどきを受けていた作業が、今は自分なりに作業方法・効率を考えて仕事として出来るようになっています。
    最初に入る会社はそれほど重要ではないと考えております。そこで何を学び、何を得て、最後に何処に行くかが重要だとおもいます。
    一緒に頑張りましょう。ここで何かを学んでください。

 

1

2

 

先頭へ戻る