お知らせ

合同避難訓練およびPHV車を利用した電源供給訓練を実施いたしました。

当社では、事業継続計画(BCP)に基づき、各センター毎に年1回避難訓練を実施しております。今回は、当社の山中第一物流センター、山中第二物流センターにおいて倉庫火災を想定し、合同避難訓練を実施いたしました。当日はテナント様、当社関係者あわせて150名の方々に参加いただき、事業継続計画(BCP)に基づいて分担した役割をもとに、テナント様や当社関係者の避難誘導や安否確認などを実施いたしました。

また今回は停電時を想定し、昨年導入したPHV車(プラグインハイブリッド車)に蓄電した電力を使用して照明の点灯・パソコンの使用確認・携帯電話の充電を同時に行い、電力が問題無く供給されていることを確認いたしました。今後も、BCPの基本として人命を守るために安全第一ということに重きを置き、緊急時に最短の方法で現場復旧させる対策が実施されるよう訓練を重ねて参ります。