お知らせ

稲敷第一危険物倉庫の泡消火設備検査、無事終了いたしました。

9月14日に稲敷第一危険物倉庫の泡消火設備の検査を実施いたしました。
消防署や建築の関係者方々の立ち合いのもと検査を実施し、検査基準をクリアすることが出来ました。
ご協力ありがとうございました。

稲敷第一危険物倉庫では消防法に従って、泡消火設備を設置しております。
稲敷第一危険物倉庫で取扱う危険物第4類の引火性液体は、一般に水に不溶で水より軽いため、水が下に沈み燃焼している液体が浮いて消火の効果がない等のことから原則的に注水消火は不適切となります。
今回検査を行った泡消火設備は、消火用の水と泡消火薬剤を混合させて、ポンプで倉庫に送り、火災箇所に多量の泡を放出し、覆うことで窒息消火します。泡内の水により冷却効果が加わり“窒息と冷却の相乗効果“によって消火する仕組みです。

危険物倉庫として、危険物貯蔵に必要な設備的な要件を満たすと共に、社内で取扱業務を行うスタッフは、危険物取扱者の資格を所有しています。
危険物を安全に取扱うため、ハード面ばかりでなく、安心して預けて頂けるようソフト面についても、危険物取扱のプロフェッショナルとして、保管品質の向上に取り組んでいます。
【検査の様子はこちらの動画をご覧ください。】

随時見学も承っておりますので、ご希望の方は下記までお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ)
沼尻産業株式会社 稲敷第一危険物倉庫
担当:宮本
電話 :029-837-1505
Eメール :i-kikenbutsu@numajiri.co.jp