お知らせ

パートナー企業様、募集中!!当社初!危険物倉庫と一般倉庫を併設、稲敷第一危険物倉庫2021年10月竣工

茨城県阿見町に当社初の危険物倉庫と一般倉庫を併設した「稲敷第一危険物倉庫」を2021年2月に着工、2021年10月の竣工を目指し、建設を進めております。

伴いまして現在弊社では、危険物協業ネットワーク拡充のため、相互に信頼関係を構築できるパートナー企業様を募集しております。

以下のようなお悩みをお持ちの荷主企業様、物流会社様はお気軽にお問い合わせください。

 

・信頼できる危険物倉庫を探している。

 ・首都圏エリアに危険物倉庫を設けたい。

 ・慢性化した危険物倉庫不足により、仕方なく分散保管している。

 ・危険物と一般貨物を別々の場所に保管しており、作業効率が悪化している。

 ・寄託作業から配送まで一貫してお願いしたい。

(お問い合わせ先)

沼尻産業株式会社 運輸事業部

TEL:029-837-1505  担当:大槻 t-otsuki@numajiri.co.jp

             野口 k-noguchi@numajiri.co.jp

「稲敷第一危険物倉庫」は、当社初の危険物倉庫と一般倉庫の併設型となり、お客様のコンプライアンスやストックポイントニーズの高まりを背景にこれまでの常温倉庫で培ったノウハウを生かし、製品荷役、保管から在庫管理、輸送に至るプロセスをワンストップで提供が可能となります。

圏央道「牛久阿見IC」より2.8㎞、圏央道「阿見東IC」より2.9㎞の好立地を活かし、関東一円への一括配送が可能、鹿島・神栖地域も含めた危険物輸送の拠点としての活用を想定しており、工業専用地域内に位置するため、安定した危険物管理が可能となります。

7,810.15㎡の敷地に3棟の危険物倉庫(A棟 560.00㎡、B棟 996.00㎡、C棟 478.00㎡)を構え、消防法危険物第4類第1~4石油類に対応。同敷地内に一般倉庫 360.00㎡を併設しており、慢性的な危険物倉庫不足により、分散保管している貨物の集約が可能となります。また、危険物配送ネットワークにより、危険物と一般貨物を合わせて関東圏への配送が可能となります。

所在地   :茨城県稲敷郡阿見町大字福田字内野84番6

 交通アクセス:首都圏中央連絡自動車道 「牛久阿見IC」より2.8㎞、「阿見東IC」より、2.9㎞

 構造    :鉄骨平屋建て

 建物面積  :危険物A棟 560.00平方メートル(169.43坪)

        危険物B棟 996.00平方メートル(301.35坪)

        危険物C棟 478.00平方メートル(144.62坪)

        一般倉庫 360.00平方メートル(108.92坪)

 特徴    :工業専用地域内の貴重な危険物倉庫物件。

        同敷地内に常温倉庫を併設した使い勝手の良い倉庫。

        寄託作業から配送まで全てお任せください。