トップメッセージ

私たち沼尻産業は、
一人ひとりのお客様とともに、
そして地域とともに歩む企業です。

代表取締役社長 沼尻年正

沼尻産業は1962年つくば市(旧谷田部町)に創業し2012(平成24)年に創業50年の節目を迎えました。これもひとえに、創業時代から今日までわが社を育てていただいた多くのお客様、協力会社様、金融機関様、そして苦労を共にし会社に人生を捧げてきてくれた社員とそのご家族、そして各方面でお世話になっております皆々様方のあたたかいご支援と御厚情の賜物と、心より厚く感謝申し上げます。
これからも、経営理念、企業姿勢、社訓のもと誠実に取り組み、沼尻産業が次なる成長を期し、お客様をはじめ関係者各位皆様からの期待に応えられるよう全社をあげて取り組んでいく覚悟です。旧来にも増して皆様からのご支援とご協力をいただきますよう、心からお願い申し上げます。

50年を創り支えた人たち

創業者 沼尻舜吉

農業から本格的に運送業への参入を図るため、農地を売却し、1964年(昭和39)年一般小型貨物自動車運送事業許可の免許を取得した。
創業期における舜吉の家族愛と郷土愛こそ、時代が変った現在も変わることのない当社の精神基板を培ってきた。
舜吉は地元つくばにおいて、16年間にわたり谷田部町(現つくば市)議会議員を務め、筑波研究学園都市開発に伴う地域格差の解消に取り組んだ。その後、谷田部町議会議長として活動し、つくば市誕生において多大な貢献をした。
長年にわたる地域貢献が認められ、2003(平成15)年に勲六等単光旭日章を受章した。

会長 沼尻博

若い頃、周囲の農家に先がけて大型の耕運機を導入し、若者グループの先頭に立って周辺の新田や畑を開拓した。ここには、当社を茨城県で有数の物流業 に急成長させた起業家精神の片鱗がうかがえる。以来、事業活動において、運送業を成長軌道に乗せ、やがて倉庫・運送一体の総合物流業として拡大させた。
創業者と同じように地元の人々との関係を大切にし、地元経済全体が元気になるよう、積極的に様々な活動に取り組んだ。
茨城県商工連合会会長を歴任し、現在もつくば市商工会会長を務める等、地域社会の発展に貢献している。
長年にわたる地域貢献活動や業界活動が認められ、2009(平成21)年旭日小綬章を受章した。

経営理念

沼尻産業グループは
常に物流の高度化と革新を図り、
顧客の立場に立った最良のサービスを提供し、
人材開発・事業開発・市場開発を行い、
生活者を主体とした新たな事業創造に挑戦し続け、
地域社会が夢や希望をもてる
豊かな社会の実現に貢献します。

企業姿勢

顧客満足の追求

沼尻産業グループは、常に顧客のこころと思いを受け継ぎ、責任と誠意をもって顧客の立場に立った最良のサービスを提供します。

人命の尊重

沼尻産業グループは、常に人命の尊重を最優先し常に安全第一に努めます。

働く喜びと幸福の実現

沼尻産業グループは、社員各人が自律性を発揮し常に働く喜びに満ち溢れ社員とその家族が夢と誇りを持てる企業を目指します。

法の遵守と公正な行動

沼尻産業グループは、礼節(礼儀と節度)をもって常に法律と社会的規範、倫理を重んじて公正に行動します。

地域社会から信用・信頼される企業

沼尻産業グループは、地域社会の一員として信用・信頼される事業活動を行い社員各人が沼尻産業グループ代表という意識と責任を持って行動します。また児童の養護と自立を支援し応援していきます。

環境保護の推進

沼尻産業グループは、環境保護への取り組みを自主的に行い積極的に推進します。

個人情報の保護

沼尻産業グループは、個人情報・顧客情報の取り扱いに関する方針を自主的に定め適切な管理と保護に努めます。

コミュニケーションの充実と共存共栄

沼尻産業グループは「報告・連絡・相談」を徹底し、顧客、協力会社、地域社会、社員とのコミュニケーションを広く行い互いの共存共栄に努めます。

いのちの源(もと)への感謝

沼尻産業グループの社員とその家族は、いのちの源(もと)である両親を尊び、生かされている事への感謝を日々忘れません。

企業不祥事への対応

沼尻産業グループは、万一、企業理念に反するような事態が発生した場合には経営トップ自らが問題解決にあたり原因究明と再発防止に最大限努めます。

社訓

作業は自主的に 規律よく
チームワークで能率をあげ
創意と工夫で進歩をつかみ
業務に意欲を貫き
責任と誇りを身につけ 信用を得る

沼尻スピリッツの誕生

昭和30年代のはじめ、地域の農家から夏はスイカやメロン、秋には白菜や落花生などの運搬を依頼され、茨城と東京の間を昼も夜も休みなく走り回ったのが沼尻産業創業のきっかけです。創始者自身が農業者であったため、精魂込めて育てた作物を傷めず、新鮮な状態で安く運ぶためにはどうすればいいか、努力と工夫を重ねました。経営規模が拡大し、輸送量が飛躍的に増大した今も、「お客様の思いをのせて大切に運ぶ」創業の精神は、社員の一人ひとりにしっかり受け継がれています。

創業者:沼尻博