社長からのメッセージ

代表取締役社長 沼尻年正

人を育む会社を目指しています。

わが社は創業から家族が幸せになってほしいという願いでスタートし、そして、地域の人々を雇用し、家族同様に幸せになってほしいという純粋な気持ちで取り組んできました。
それを一言で表せば、人を幸せにすることを軸として会社を営んできました。
様々な事業を展開していますが、一貫していることは「家族愛、郷土愛」であり、そこに全て収斂されています。

チャレンジ・スピリッツを持った人財を求めています。

私のチャレンジの原点は25歳の時でした。
アメリカ現地法人を立ち上げるために単身渡米しました。
文字どおりカバン一つ。英語もしゃべれませんでした。もちろん知り合いもいない中、まさにゼロからの創業です。
地道に人脈をつくり、当時の友人や恩師に助けられて数年かけてやっとビジネスを軌道に乗せることができました。
今振り返ればとても無茶な事ができたと思いますが、若かったからこそできたと思います。
ぜひ、若い皆さんには、失敗を恐れずに当社でどんどんチャレンジしてほしいと思います。

物流は基幹産業そのものです。

今や国内における物流の市場規模は約23兆円にも上り、ネットショッピングの台頭や新たな物流ニーズにより今後も市場は拡大していきます。
基幹産業といえば、鉄鋼やエネルギーを思い浮かべるかもしれませんが、物流も基幹産業として経済活動や国民生活を大きく支えています。
先般の「東日本大震災」の発生時には、物流業界全体の献身的な活動の結果、物流の重要性が改めて認識され、物流は必要不可欠な社会のライフラインとして大きくクローズアップされました。

様々な業界知識、人脈が得られます。

わが社の物流は業種を特定しません。ですから衣料や住宅、工業、医療など様々な業種やお客様と接していきます。
様々な業界知識も学べるし、多くの人脈が得られます。自分の幅を際限なく広げることができます。

人に感動を与える人になってほしい。

あなたは、何のために生まれてきたのでしょうか?
人として生まれてきた以上は、世のため人のためになるような、何より人に感動を与える人になって欲しいと思います。
一口に「感動」といってもいろいろな感動があります。 そのステージは、家族であったり、お客様であったり、地域社会であったり様々です。
人を感動させるには自分が成長しなければなりません。
ぜひ、当社で生きがい、働きがいを発見し、私たちと一緒に感動のステージを広げていきましょう。

代表取締役社長沼尻年正

先頭へ戻る