沼尻産業

  1. 茨城新聞につくばアーカイブセンター竣工披露の様子が掲載されました。

お知らせ

information

茨城新聞につくばアーカイブセンター竣工披露の様子が掲載されました。

2015.01.30

一覧

物流倉庫業の沼尻産業(つくば市榎戸、沼尻年正社長)が、機密文書管理のアーカイブ事業の拠点として、同市片田に建設していた「つくばアーカイブセンター」が完成し、29日、竣工式典が開かれた。同社の19カ所目の倉庫で、文書管理専用は初めて。これまで6カ所に分散保管していた文書を集約するとともに、文書の電子化を進め、クラウドサービスによるインターネット上での閲覧、配信を新たに展開する。

同センターは4階建てで、延べ床面積は約2万平方メートル。首都圏にアクセスしやすい好立地に加え、震度6強に耐えうる耐震性能と最新のセキュリティー機能を備えた。

文書管理のニーズが高まる中、企業や官公庁、医療機関、研究機関などを主な顧客に、文書の保管のほか、スキャニングした電子データの検索閲覧サービスやオンデマンド送信にも対応。読み取り後の原本の溶解処理など廃棄も請け負う。

竣工式典では、来賓の山口やちゑ副知事、市原健一つくば市長などの来賓や取引業者ら26人がテープカットを行った。

沼尻社長は「これまでにない新分野の倉庫。科学技術の先進地、つくばでアーカイブに取り組んでいく」とあいさつした。(松下倫)

  1. < 前の記事へ
  2. お知らせトップへ
  3. 次の記事へ >

このページの先頭へ